エスニックが苦手な人でもOK!シェイキングビーフ(サイコロ牛炒め)

エスニックが苦手な人でもOK!シェイキングビーフ(サイコロ牛炒め)
0
(0)

エスニック料理ってどんなイメージがありますか?パクチー、ナンプラー、酸っぱい、辛い、、あたりでしょうか。

今日ご紹介するのはベトナム・カンボジアのサイコロ牛炒め、シェイキングビーフ(Bo Luc Lac、ボールックラック)です。日本人でもとても食べやすい味付けですしメイン料理になりますので、「今日はエスニック料理でまとめたい」という物好きな方にピッタリです。(私です)

私が初めて食べたのは自分が作ったものでした。その時は同居人に「シェイキングビーフが食べたい」と言われ、「なんだそれ・・・」と思いつつレシピを調べて作りました。味はまあ、まあまあ、まあ・・といった具合。

その後何度か作り、2018年カンボジアに一人で旅行に行ったとき初めて本場のシェイキングビーフを食べることになります。朝4時起きでアンコールワットの日の出を見に行き、眠いし空腹の中一通り見た後ガイドさんに連れて行かれた「観光客用値段」のレストランでした。

頭も回らない中他のツアーメンバー(10人中8人がヨーロッパ圏からの旅行者)が「私はこれ」「僕はこれ」と味も想像できないような料理名を指さす中、私は「お金を払うのだから、絶対に失敗したくない」という強い思いから「シェイキングビーフ、フライドポテト付きで」と頼んだのです。

結果、美味!!!私が以前まで日本で何となく作っていたものとは違い、ブラックペッパーがパキッと効いていて(文字通り)目が覚めるような味。観光客用であろうフライドポテトも最高に合う!!コーラも美味しい幸せ!私の横でこの世の終わりのような顔をする何人かのツアーメンバー、頑張って食べ進めリタイアしていく人・・皆を横目に満面の笑顔で食べ切った私でした。

その時の感動を再現したのがこのレシピです。御覧の通り、異常なくらいブラックペッパーを入れます。・・・実は私はこのレシピ+小さじ1は入れるんですけどね。

エスニックが苦手な人でもOK!シェイキングビーフ(サイコロ牛炒め)

Recipe by AKO’s CookBook
Servings

2

servings
Cooking time

30

minutes

Ingredients

  • 牛肉ステーキ(アメリカやオーストラリア産の赤身肉) 200~300g

  • 玉ねぎ 1/2個

  • 小麦粉 大さじ1

  • 醤油 大さじ1

  • ニンニク 一片またはガーリックパウダー 小さじ3

  • 料理酒 10ml+30ml

  • オイスターソース 大さじ1

  • ナンプラー 小さじ1

  • リンゴ酢 小さじ1 

  • ブラックペッパー 大さじ1+大さじ1

  • ブラウンシュガー 小さじ2

Directions

  • ステーキを一口大に切ります。サイコロのように四角くでも、長方形(ブロックベーコンを縦に切るイメージ)でもOKです。料理酒10ml、ガーリックパウダー小さじ1、ブラックペッパー大さじ1をまぶします。上から小麦粉大さじ1をさらにまぶし、全体に絡め10分ほど置いておきます(常温)。
  • サラダ油をひいたフライパンを強火に温め、牛肉を炒めます。全体に火が通り始めたら(まだ赤くてOKです)、細切りにした玉ねぎとガーリックパウダー小さじ2を入れさらに炒めます。
  • 玉ねぎがしんなりしてきたところで中火に落とし、ブラウンシュガー、料理酒30ml、リンゴ酢、醤油、オイスターソースを入れ味を馴染ませます。
  • 牛肉がお好みの焼き加減になったところで弱火に落とし、ブラックペッパー大さじ1とナンプラーを入れ全体をよく混ぜれば完成です。
  • 写真のように、お好みで青菜を入れても美味しいです。(写真はカブの葉です)

How useful was this post?

Click on a star to rate it!



1 thought on “エスニックが苦手な人でもOK!シェイキングビーフ(サイコロ牛炒め)”

コメントを残す