khaomangai

最高においしいカオマンガイ

4
(1)

記念すべき初レシピは、カオマンガイです。

タイ料理、お好きですか?私は3年前まで辛いものが全く食べられず、タイ料理についてもほぼ知りませんでした。その3年前、メキシコに旅行し突如辛い食べ物の魅力に目覚め、それから相当な辛いもの好きになりました。

タイ料理にも例外なくハマり作ってはいましたが、実際にタイに行ったのは去年の秋が初めてで、本場のタイ料理を食べ感動しました。カオマンガイ、タイラーメンの数々、トムヤムクン、パッタイ、ジョーク、ガイトート、ラープガイ…天国です。また行かなきゃ。

バンコクの某有名店でカオマンガイを食べた感動から、絶対に家でも作らないとと思い、ソースの味の中身を分析しました。そして帰国後、何度か試作し完成したのがこのレシピです。相当、似ていると思います。辛いです。美味しいです。

タイ料理がお好きな方はもちろん、あまり馴染みがないという方にも是非。東南アジア独特の味は薄めなので、初心者向けだと思います。一度試してみて、そこから自分好みにアレンジするのも楽しいですよ。

最高においしいカオマンガイ

Recipe by AKO’s CookBook
Servings

2

servings
Cooking time

45

minutes

Ingredients

  • 鶏もも肉 2枚

  • お米   2合

  • パクチーの根(あれば)、なければパクチーパウダー

  • 醤油  大さじ2

  • 料理酒 100ml

  • ナンプラー 適量

  • にんにく 1玉

  • シーユーダムまたはケチャップマニス(あれば) 小さじ1

  • タレ
  • 醤油   大さじ2

  • ナンプラー 小さじ1/2

  • ラー油   適量

  • 青唐辛子  好きなだけ、1人1本目安、辛いもの好きなら2本ずつ

  • 赤唐辛子または鷹の爪 青唐辛子同様

  • 砂糖    小さじ2

  • ショウガ  すりおろし小さじ1、パウダーの場合は小さじ1/2

  • 鶏のゆで汁 

  • ホワイトペッパー 適量

  • ★お好みでサテトム(ベトナムのラー油)、チリインオイルを入れると魚介のコクが追加されておすすめです。

Directions

  • 鍋に鶏もも肉を入れ(切らないで!)、水1リットル程をたっぷり加え火にかけます。洗ったパクチーの根、皮をむいたニンニク、調味料をすべて入れ蓋をし、強火にかけます。沸騰したら弱火にし、アクを取りつつ10~15分煮込みます。
  • 別のフライパンにごま油を引き、生米2合を透明になるまで炒めます。炒めたら炊飯器に移し、鍋から2合分のスープを加え、通常炊きします。(ローズマリーを少し入れると美味しいです)
  • 待ち時間にソースを作ります。上記ソースの材料をすべて混ぜ、最後に鍋からスープを入れ、お好みの薄さに調整して下さい。鶏自体に味が付いてますが、あっさりしているので「少し濃いかな?」くらいが丁度いいと思います。辛いのが苦手な方は唐辛子の量にお気をつけ下さい。
  • お米の炊ける10分前に、鍋から鶏を出し食べやすい大きさに切ります。タイ料理屋さんっぽく切りましょう。雰囲気は大事です。余ったスープはそのまま飲んでもよし、野菜を入れ味を整えてもよしです。えのき、白菜、ゴーヤ、なんでも美味しくなります。
  • 盛り付けて完成です。写真の用に平らなお皿に盛ると、タイ感が増します。

Recipe Video

Notes

  • 鶏むね肉でも代用可能ですが、その場合は強火で沸騰させず、弱火でゆっくり火を通して下さい。

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

コメントを残す