genovese

10分で本格的ジェノベーゼ

0
(0)

突然食べたくなるものって、ありませんか?私はたくさんあります。それはたこ焼きのときもあれば(関西出身なもので。)、卵かけご飯のときもありますし、そしてジェノベーゼの気分が突然来ることもあるんです。

「ああ、ジェノベーゼ食べたいなあ」と冷蔵庫を開き、バジルを見つけました。あの時スーパーでバジルを買っていた私に拍手です。私はスーパーで、特に用途も決まっていないのに買うことが多々あります。バジルも少なからず、おそらくひと月に一度の頻度で買います。帰ってきて冷蔵庫を見ながら「これとこれで、あれを作ってみよう」というノリで料理することが多いです。

さてバジルはありましたが、松の実なんてありません。ミートローフを作った後なら余っていたかもしれませんが、残念ながらありません。ふとお菓子ボックスを見ると(お菓子ボックス、皆さんの家にはあります?)、ピスタチオが目に入りました。ナッツだし‥緑だし‥いけるか。そうして出来たのが、このレシピです。もちろん松の実がおうちにある優秀なあなたは、松の実を使って下さいね。

10分で本格的ジェノベーゼ

Recipe by AKO’s CookBook
Servings

2

servings
Cooking time

10

minutes

Ingredients

  • バジルの葉 70~100グラム

  • バジルパウダー(バジルの葉が足りない場合)

  • オリーブオイル 大さじ3

  • ピスタチオ 50グラム

  • 粉チーズ(またはパルミジャーノ等ハードチーズを粉にしたもの)  30グラム

  • パスタ   200グラム

Directions

  • バジルの葉を茎から取り、洗い、キッチンペーパーで水分を取ります。ピスタチオは殻を外し、中の茶色い部分も取りましょう。(私は面倒で取らなかった結果、ベストな食感にならなかったので、これは取りましょう!)
  • フードプロセッサーまたはミキサーに、バジル、粉チーズ、ピスタチオ、オリーブオイル、塩少々を入れ、ピスタチオが粉々になるまで混ぜます。粉々と言っても、ところどころコロッと残っている方が美味しい気がします。お好みで。
  • 容器に入れ、上からオリーブオイルを被せます。スーパーでよく見る、上にオイルが溜まっているあの状態にします。保存する場合は、瓶に入れ冷蔵庫で4日は持つかと思います。
  • パスタを茹でます。写真ではリングイーネを使っています。茹で上がったら湯を切り、火を止めた鍋に移します。ペストを和え、足りなければバジルパウダー、塩、チーズで調整して下さい。具を入れる場合は、炒めた後にパスタを加えてから火を止め、ペストを加えます。上記の1,2,3の工程をしている間にパスタを茹でておくと、10分で全行程が終わります。

Recipe Video

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

コメントを残す